メニューを飛ばして本文へ

Blog

【不動産買取】福島市の不動産を手間なく簡単に売却する際の流れ

2020.10.13

福島市の不動産の買取りの流れ

福島市の不動産を最も手間なく簡単に売却をしたい場合には、不動産会社へ「買取」を依頼する方法がおすすめです。不動産会社へ買取を依頼する場合には、最短で3日、長くとも1か月程度で売却の全てが完了します。今回はこの買取を依頼する際の流れについて詳しくご紹介したいと思います。

 

 

【買取の流れ】

①不動産会社へ買取の相談をする。

まずは、不動産会社へ買取の相談をします。全ての不動産会社が買取を行っている訳ではないため、会社の選定も重要です。

どのような会社に依頼するべきかは「福島市で買取を依頼したい」場合の不動産会社の選び方3つのポイント」の記事をご参考ください。

電話もしくはメールにて不動産会社に連絡を入れれば、面談日が設定されるかと思います。

この相談の際に、固定資産税・都市計画税の評価書(明細書)を持参すると話がよりスムーズになるかと思います。

またご相談の際には、

 

・ご希望の売却スケジュール(早い方が良い、いつまでに、特に希望はない、など)

・ご希望の売却金額(どの程度で売却できると嬉しい、など)

・どのような状態で売却したいか(現状のままで、手間なく、簡単に、など)

 

を担当者に伝えると良いでしょう。

 

 

②不動産会社から買取査定金額を提示される。

不動産買取に慣れた不動産会社であれば、初回のご相談から1週間程度で不動産の調査内容と買取の査定金額を提示してくれます。

買取の査定額は物件によっても異なりますが相場金額の60~70%程度が目安です。もし金額の交渉をするならば、このタイミングになります。(※場合によっては数%程度の金額アップはあり得ると思います。)

不動産会社側と金額の折り合いがつけば、契約への流れとなります。

 

 

③売買契約の締結と手付金の支払いを受ける。

早い場合は金額の提示から1日、長くとも2週間以内程度で売買契約への締結となります。契約締結の際には、売却金額の5%程度を手付金としてはじめに受け取ることになります。(手付金は売買代金の一部となります。)

不動産会社が買取を行う場合、売却後のリスクは全て不動産会社側が負うことが通常なので、契約締結も非常にシンプルなものです。

通常であれば、契約書の読み合わせだけとなりますので、30分程度で完了します。

なお、契約書の内容で「契約適合責任免責」(※1)になっているか否かだけは確認することにしましょう。

(※1:契約適合責任とは、契約時に買主が知らなかったことで、売却後に例えば雨漏れなどが発生した場合に、売主がその責任を負う義務)

契約適合責任免責であれば、売却後にはリスクのない非常に安心な取引となります。

逆にそれ以外の場合にはよく内容を確認するべきです。

 

 

④物件の引き渡しと、代金の決済

早い場合にはご契約と同日に、長くともご契約から2週間程度で物件の引き渡しと、代金が支払われることになります。(不動産が複雑で解消するべき問題がある場合は除きます。)

物件の引き渡し条件によって、行うことは変わってきますが、最も簡単な現況での引き渡しの場合、引き渡しまでに特にすることはありません。

建物がある場合には鍵だけはご準備いただくようになります。また、代金は通常振込での対応になります。

所有権移転に必要な書類に署名・捺印を行い、振込手続きを済ませます。

振込伝票にて間違いなく振り込まれたことを確認しすべての手続きは完了となります。

振込完了までに多少時間がかかる場合がありますが、一般的には1時間程度で完了します。また、引き渡しは法務局の営業日である平日に行うのが通常です。

 

 

まとめ

今回は不動産会社へ買取を依頼される場合の流れについてご紹介しました。買取を依頼する場合、その手続きは非常にシンプルで簡単なものです。場合によっては、ご相談から3日程度で全てが完了するといったこともあります。お客様の状況によっては非常に簡単で賢い方法ですので、ぜひご検討ください。

こちらの記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

 

ページトップ
Page top